会社案内

ダイドレのSDGsと環境への取り組み SDGs and Environmental Initiatives

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

1. 宣言文

『暮らしと人にやさしいECOな街並みを構築する、
Toskで始める足元プロジェクト』

天然砂利を特殊な樹脂で固め、優れた透水性と高い景観性、強度を併せ持つ構造体を「Tosk(トスク)」と呼称。
これを舗装材、側溝・集水ますふたとして提供。ふた表面に排水用の開口部を持たず段差のない施工が可能なToskで、歩行環境を改善しバリアフリーを推進。
あらゆる建物やランドスケープの雨水処理にまつわる問題から、生活に関わるあらゆる問題を解決するツールとして普及を進め、人にやさしい街並みの構築と環境問題を解決する一助となるよう取り組み、持続可能な都市づくりに貢献します。

2. 各目標

(1) Toskの透水技術で雨水災害を減少し、
水資源の循環サイクルを改善します。

Toskの透水技術で雨水災害を減少し、水資源の循環サイクルを改善します。

Toskの透水性を活かし雨水を適切な循環サイクルへ導き、水資源の持続的な供給・災害に強い都市環境を構築し、産業インフラを支え、誰もが安心・安全に住み続けられる街づくりを目指します。

(2) 誰もが安心・安全に歩ける環境を実現します。

誰もが安心・安全に歩ける環境を実現します。

Toskによりフラットで段差や継ぎ目のない歩道を増やし、高齢者や身体的ハンディキャップを持つ方が、健康的で負担が少なく生活できるバリアフリーな街づくりを行っていきます。水だけ通すToskで側溝や集水ますにふたをする事で、蚊の発生を防ぎ伝染病の拡散を抑制し、全ての人が安心できる街づくりを行っていきます。

(3) リフォームを促進し、
ゴミの削減と省エネルギー社会へ貢献します。

リフォームを促進し、ゴミの削減と省エネルギー社会へ貢献します。

Toskは老朽化した都市の景観や機能を「再生・向上」可能であり、建物や居住空間の延命化を促進。ゴミの減量化、従来の工法よりも少ないエネルギーで施工可能なためCo2排出量を削減。環境の保全にも貢献します。

社会貢献への取組み

『Toskで始める、人にやさしい、足元プロジェクト』として、2030年まで、継続的に出荷枚数に応じた金額をNPO法人を通じて、電動車椅子等の寄付に努めます。

NPO法人 『海外に子ども用車椅子を送る会』
東京都福生市加美平3-7-13  代表:森田 祐和氏

社会貢献への取組み

環境への取り組み

循環型社会への転換

“きれいな空気”・“安心して飲める水”当たり前のようですが、現在の地球環境はこれとはほど遠い状態になりつつあります。これは人類が高度成長していく中で、様々な資源を大量消費し続けた結果なのです。今後はこれ以上環境を破壊しないように、限りある資材を有効に利用し、循環型の社会システムに転換する必要があります。

鋳物はリサイクルの優等生

地球環境保全の観点から昨今工業製品のリサイクルが声高に語られるようになりましたが、鋳物はずっと以前よりごく当たり前のようにリサイクルされており、ほぼ100%に近いリサイクル環境が整っております。

PAGE TOP ↑